2009年09月26日

脳出血 後遺症 リハビリ

脳出血で後遺症がでてしまった場合、リハビリによって回復する可能性があります
根気よく後遺症解消のため リハビリに取り組みましょう



○。「リハビリ」とは。○

正確には「リハビリテーション」
リ=再び、ハビリテーション=適応すること

病気やけがで生じた障害をできるだけ少なくして、
残された能力を最大限に活用し社会復帰することを意味します

リハビリは治療というよりも、克服を意味します
日常生活活動をできるだけ早期に獲得することを目指すための、
後遺症解消のために行うのがリハビリなのです



脳出血等で倒れられた本人だけでは回復は難しいですよね

脳出血の後遺症を克服するためには、絶対的に周りの人たちの協力が必要不可欠なのです

特に身近な家族
しっかりサポートしてあげてくださいね

家族が協力してケアを行えば、
もしも脳出血の後遺症で、重度の麻痺があっても
早い段階で社会復帰することができる可能性があります!

脳出血の後遺症を克服し、一日でも早く、少しでも元の生活に近い状態に復帰し、
生き甲斐のある生活を取り戻していく

これが後遺症を克服するためのリハビリです



また、脳出血の後遺症で起こる記憶障害があったりすると、
今聞いたばかりのことですら覚えておくことができず、何度も聞き返したり、
大切な用件を忘れたりします

本人も、サポートする周りの人たちも、
日常生活や社会生活を行っていくことがしばしば困難となり
イライラすることも増えることでしょう

高次脳機能障害を理解し、問題点を明らかにした上で、
適切なリハビリテーションを行うことが求められるのです
posted by nou2000n at 14:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。