2009年09月26日

脳出血 後遺症

脳出血をはじめ脳梗塞など、
脳に生じた後遺症のことを「高次脳機能障害」といいます

一見完治したかのように見えますが、脳に損傷を残しているため
さまざまな障害が生じてしまいます



脳出血・脳血管障害や(転落・交通事故など)頭部外傷などによって、
脳が損傷を受けることが原因で起こるといわれているのが、「高次脳機能障害」です

脳出血などの後遺症といわれるものです




○。「高次脳機能障害」の主な障害。○

「高次脳機能障害」とは?
-----------
・記憶障害
・注意障害
・遂行機能障害 など
-----------
日常生活及び社会生活への適応に困難を有する障害のことをいいます



では、具体的に、どのような障害が起こるのでしょうか?

記憶障害では、
----------
過去のことを思い出せない
ついさっきのことを忘れてしまう
新しいことを覚えられない
メモを見ても思い出せない
----------
などが挙げられます

実は、脳出血の後遺症として、記憶障害はもっとも多いとされています
物を置いた場所を忘れたり、同じ質問を何度もしたり、新しいことを覚えられないといった症状がみられたら、記憶障害の可能性が考えられます


また、脳出血の後遺症として、しびれを自覚することがあります
脳出血においては、前兆・前触れでも起こるとされますが、脳出血の後遺症もしびれの症状が起こるとされています。
しびれの症状は神経症状といわれていて、神経内科での診療になります

リハビリや、薬物療法、生活習慣の改善指導を行なうことにより、
改善される可能性があるため、脳出血の後遺症だからとあきらめずに病院で診てもらいましょう


また、脳出血の後遺症として、摂食障害が起こる場合があります
物を小さく噛み砕くことができないので、喉に詰まらせたりしてしまうため、同時に胃をいためてしまうようです。
摂食障害になったら、食べやすい食材を選んだり、細かく刻んで食べやすくするなど、調理を工夫するように心がけましょう


そのほかにも、
自分が障害を持っていることに対する認識ができない「病識欠落」
感情や欲求のコントロールができない「社会的行動障害」など
脳出血の後遺症は、さまざまな症状が起こる場合が考えられます

身体的な障害は誰が見ても明らかなので認められやすいのですが、
脳出血の後遺症「高次脳機能障害」は外見上わかりにくい障害です


まわりの人たちがめを配り、十分配慮してあげることが
とても大切なんですね


リハビリを行うことによって、脳出血の後遺症は改善されることもあります!
あきらめない! それが大切ですね!
posted by nou2000n at 14:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。